本サイトは『自宅で完結する大学受験』をモットーに、自宅でできる最強の受験ツールを受験生にお届けします。

ルキウスの受験記録〜京大医学部合格までの道のり〜

  • 2019年4月17日
  • 2019年4月21日
  • 雑談

こんにちは

今まで色々と受験に関するテクニックを主に習慣面からブログに書いてきました

が、今回は私の受験体験談を書いていきたいと思います。一応私ルキウスも苦学

生から京大医学部に合格した身でありますので、受験勉強法には自信を持ってお

ります。ぜひ参考にしていただけたらと思います。

スケジューリングについて

まずはスケジュールについて話していきたいと思います。

1日のスケジュール

5:00 起床      

〜7:00 休憩

8:00〜勉強

12:00~ 休憩

14:00~18:00 勉強

18:00~ 休憩

20:00~22:00 勉強

23:00~ 就寝

ざっくりまとめるとこんな感じです。勉強時間はざっと計算すると10時間程度で

すね。これは私のパターンなのでこの通りにしろという訳ではありませんが、こ

のくらい勉強すると、やりたかった参考書をうまくこなすことができ、達成感を

味わうことができました。休憩時間は食事をとったり、運動をしたりするのに充

てる時間で、基本的に自由に使っていたと思います。

一週間のスケジュールでは、日曜日は自由に過ごしていました。それ以外の日は

上記のスケジュールです。

年間のスケジュール

4~5月、6~8月で一冊の参考書を完成させました。そのあと、9月以降は過去問演

習に取り組んでいたと思います。総合的な問題集で演習し、そのあと自

分の志望校にあったような問題練習をしていく感じでした。

1日で全ての教科を網羅!!!

見出しをつけて大げさに書く必要もないかもしれませんが、、、私は1日で全教

科勉強していました。理由は、勉強しない日があると勘が鈍るからです。試験で

成績をあげるにはかなり感性的な部分を磨く必要があると個人的に考えていて、

そのために、なるべく時間をあけずに勉強する癖をつけていました。結果的には

どの教科もやりこぼすことなくできたので、意外に出来るんだなあと言った感想

を持っていました。

やる気がないときはどうしていたのか?

これももしかしたら気になるかもしれんが、上の生活がルーティーンになってい

たので、あまりやる気が出ないということはありませんでした。それでも、何か

他のやりたいことに気をとられることはままありました。そういったものは休暇

に全て消化して、月曜日にスッキリした状態で勉強できるように気持ちを整えて

いました。完全なオフがあったというのが気分的に楽だったのだと思います。

まとめ

今回は私の過去について書いてみましたが、いかがだったでしょうか?ルーティ

ーン化がうまくいくと、気持ちの浮き沈みはあまりなく、コンスタントに勉強で

きるようになります。そのためにも、自分で試行錯誤しながら習慣作りを頑張っ

てみてください。習慣を制するものは受験を制する!です(笑)