本サイトは『自宅で完結する大学受験』をモットーに、自宅でできる最強の受験ツールを受験生にお届けします。

【京大医学部を攻略する!?】圧倒的成功への受験スケジュール

今回は年間を通した受験スケジュールの組み方について書いていこうと思います。

私もこのスケジュールのおかげで京大医学部に入学しているわけですし、実用的だと思うので、スケジュールの組み方に苦戦している人は是非参考にしてみてください。


具体的な受験スケジューリングの方法

スケジューリングの要

私のスケジューリングで要になるのは

 

  • 一年を3ヶ月×4の4タームに区切りる
  • 1タームで各教科ひとつの参考書なり問題集なりを完成させる

この二つのみです。

え? たったこれだけでいいの?と思った人も多いと思いますが、たったこれだけで大丈夫です。

ですが、これだけで終了していては、後で後ろから刺されかねないので(震)もう少し詳しく説明したいと思います。

 

その前にここでことわっておきますが、これが大学受験で網羅的に実力をつける最速の方法であると思っています。よく巷では、「たった1ヶ月で東大理3突破」などといった謳い文句を見かけますが、まずもってありえません。それを実践していた人間が相当賢かったか、もしくは付け焼き刃的な方法であるかのどちらかであると思います。習慣化するのにさえ1ヶ月強かかるのに、そんなに短期間で受験を成功させられていたら、誰も苦労はしません。

なので、譲れない志望校があるのであれば、それなりの覚悟と自分が捧げられるもの(時間)を用意してください。

それでは話を元に戻します。まず、1タームの使い方ですが、1タームで参考書ないし問題集は三周します。つまり、単純計算で1ヶ月で参考書は一周してください。

参考書はなんでも構いませんが、あまり厚すぎると1ヶ月で回せないので、なるべく薄くて全範囲カバーできるものを選んでください。

おすすめの参考書については、京大数学で188/200をとったルキウスのおすすめ数学参考書!!などを参照ください。

以上がスケジューリングの大まかな方法です。

問題集を三周する意義

なぜ問題集を三周するのか…

その理由の前に、問題集を解く真の意味について説明したいと思います。

問題集を解く真の意義とは

解法のストックを増やす!!!

これに尽きます。

つまり、自分が持っていない解法を頭の中に貯蓄して、同じような問題が来た時に対応できるようにするということです。

人間、大胆な発想なんてなかなかできるものではありません。それはこと数学に至ってもそうであり、難関大学に受かっている人間は、別に大胆な発想力を持っているというわけではなく、単に解法のストックが他の人よりも多いだけなのです!!

そこで、問題集を三周する理由ですが、それは

同じ問題を三回解くことにより、その問題の解を出すプロセスまでしっかりと覚える

ということです。

問題集を三周するにあたり、一周目は自力で解きます。そして解答を見て自分の解法と比べながら、問題集にある解法のプロセスをそのまま理解して覚えます。

二周目はその覚えたプロセスを実際に使えるかどうか試します。その際、うまく使えなかった解法をもう一度解いて復習します。これで三周です。

こうすることにより、問題集にある問題の解法が自分のものとなり、入試で似たような問題が出た時に対応できるようになるのです。

入試問題で扱うテーマは似たようなものが多いので、問題集をやりこんでいれば対応できるようになるのです。

 

問題集の分け方について

4タームありますので、各教科参考書は4つずつ完成させていく形になりますが、ここでいう参考書は問題集のことだと思ってください。

また、最後の1つの問題集は過去問演習なので、実質3つの総合問題集を完成させることになります。

その三つについては

 

  • 自分が十分対応できるレベル
  • 志望校と同じレベル
  • 志望校を少し上回るレベル

といったレベル設定の問題集を選べば完璧です。

あとは、問題の量から1日にとく問題量を計算し、それを地道にこなしていくだけです。

これは私の肌感ですが、だいたい一冊60問くらいの問題集から始めると継続がしやすかった気がします。これは個人差があると思いますので、自分にあった問題量を試行錯誤して見つけ出していってください。

まとめ

今回はスケジュールの立て方について書きましたが、なぜこのような記事を書いたかというと、私自身スケジュール管理が苦手だったからです。

最初の方は闇雲に問題集を漁っていてなかなか結果が出ませんでした。

しかし、『これではまずい!』と思い、スケジュールを明確に組んで問題を解いていったところ、意外にも継続して、成績も向上したので、『これは使える!』と思い、今回の記事にまとめてみました。
受験スケジューリングは継続をするという点で重要なので、正しく行えば京大医学部も夢ではありません。

ただ、受験スケジューリングは正解はなく、自分にあったものを見つけていく必要もあるので、今回の記事を参考に試行錯誤してください。試行錯誤はとても重要ですよ(笑)頑張ってください。