本サイトは『自宅で完結する大学受験』をモットーに、自宅でできる最強の受験ツールを受験生にお届けします。

【塾に行かずに成績アップ!!】塾に行くよりも自学を進める7つの理由

今回は勉強をする上で、どのような環境に身を置けば良いのかについて話していきたいと思います。自分の身を置く環境は非常に重要で、受験を控えている人たちやその親御さんは皆塾を希望します。

しかし、果たして塾に行くことにどれほどの価値があるのでしょうか。

何も考えず、漠然と塾に通ったりしていませんか?

確かに、塾で扱っている情報は多いですし、受験のノウハウも自分で考えるよりもずっと効率的だと思います。ですが、大きく成績を上げたいのであれば、私は自学をお勧めします。その理由を10に絞って説明していきます。

スケジュールにおいてのメリット

通学にかかる時間がない

まずは通学しなくていいため、受験勉強に避ける時間が増えます。

通学におよそ30分かかるとして、塾に一週間に3回行くとすると、往復で1時間なので、年に換算すると、1×3×4×12=144時間の時間

つまり、丸々6日が通学にかけられています。

この時間を有効活用すれば、英単語帳を一周することも可能です。また、受験勉強が軌道に乗ってくると、まとまった時間が欲しくなるので、通学のための時間が勿体無く感じることが多くなります。いずれにせよ、自学における時間上のメリットは大きいです。

自分でスケジュールを組める

これは非常に重要なことです。私も一時期塾に通っていたのですが、あまり向かずに辞めてしまいました。

なぜかというと、私は一人で勉強するのが向いていたからです。

どのような勉強が向いてるのかは人によって異なります。例えば、講義を聞いてノートを取ることによって内容を整理する人もいますし、書物から情報を得て勉強する人もいます。授業を聞くことに定式化されている塾に行くより、自宅で勉強する方が、スケジュール管理においての自由度が高く、自分にあった勉強スタイルを模索することができます。

休憩を自由に取れる

これも上記の自由度からくるのですが、

休憩を取るタイミングって結構バラバラなことが多くないですか?

一応スケジュールは組むのですが、気分の変化によって休憩のタイミングも変えないとなかなか身が持たないです。スケジュールがかっちり固定されている塾だと、授業中に寝るのも抵抗がありますし、なかなか休憩が取りずらいですよね。

自学だと、寝たい時に寝ればいいので、その点とても楽です。

ですが、堕落しすぎることもあるので注意も必要です。

勉強においてのメリット

アウトプットができる

 

私が最も重視したいメリットはこれです!!!

 

 

塾では講義を聞くといった受動的な学習がメインになると思いますが、自学では自分で情報を掴み、答えを探って行く、つまりアウトプットの連続です

 

考えて見てもらいたいのですが、試験において受動的な能力は問われているのでしょうか?

答えはノーです。

自分が得てきた知識をいかに発揮できるか、つまりアウトプットの能力が問われているのです。知識量を降らすインプットの学習も大切ですが、受験に慣れてきたらアウトプットの練習の方がはるかに重要になってきます。実力が同じでもそれを発揮できるかどうかで状況は大きく変わります。ぜひ自学によってアウトプットの練習を積んでください。

好きな参考書を使える

参考書選びについては前にも話したと思いますが、非常に重要です。勉強で成果を上げるためにはなるべく厚い参考書は使いたくないのです。

その理由は次の記事を参考にしてください。問題集の選び方に関する重要事項がまとめてあります。

偏差値を上げる問題集の選び方

厚い参考書は力自慢のためにあるため、ぜひ両手で引き裂いて友達に自慢して見ましょう( ^ω^ )

とにかくも、自分にあった参考書を見つけることは重要で、それを選ぶことができるというのは大きなメリットであるように思います。

好きな場所で勉強ができる

勉強する場所は結構重要であると思います。おしゃれなカフェで勉強したい人もいれば、居酒屋で勉強したい人も、、、いるかもしれません!少し騒がしいところが好きな人もいれば、静寂の中で勉強するのが好きな人もいます。人それぞれ違う好きな勉強場所ですが、自学においては勉強場所さえも自由自在です。当たり前ですが笑、、、

私のことについて話すと、少し音がある場所で勉強する方が捗っていた気がします。あまり静かすぎると変な緊張感が生まれるんですよね笑、まあそれは人それぞれなので、そこも試行錯誤して自分にあったスタイルを見つけて行ってください。

経済上の理由

学費がかからない

受験生自身は学費を払うことはないため、あまりメリットを感じないかもしれませんが、貧しい家庭の方もいるかもしれません。私もその一人でしたし、自学によって塾に行くよりも効果を出せたのはとても嬉しかったです。学費をかけなくても受験で成功することは可能ですので、貧しくても自身の環境を嘆かずに下剋上を志して見てください。

最後に

自学において問われているのは、自己のマネジメント能力です。

確かに、計画通りにやれば際限なく成長できますが、再現なく堕落することもできます。塾のようにきっちりしたスケジュールが決まっていないので、サボろうと思えばいくらでもサボれます。

ここで少し考えて見てほしいのですが、自分はどれだけ志望校に受かりたいのでしょうか。

志望校に受かる意欲が誰よりもあるのであれば、自学をしても続けられるはずです。逆に、塾に行かないと勉強が続かないような場合、その程度の意欲で果たして成功できるのでしょうか。

成功している人間は皆少なからず努力しています。

その努力をできないということは、本心では大学へ進学することを目指していないのかもしれません。人生は長いので、本当にやりたいことを探す旅に出てみるのも良いのかもしれません。

よくわからないまとめになってしまいました(汗)が、ここで言いたいことは、軽視されがちな自学にもれっきとした長所があり、それを生かすことで成功することができるということです。塾に行くにせよ、自学をするにせよ、惰性でやるのではなく、しっかりと目的意識を持って取り組めば、結果は自ずとついてきます。頑張ってください。