本サイトは『自宅で完結する大学受験』をモットーに、自宅でできる最強の受験ツールを受験生にお届けします。

受験勉強が楽しくなる継続のコツ

こんにちは

今回は受験勉強の継続のコツについて話していきたいと思います。継続して勉強することは受験生活を送る上で最も重要なことです。どんな効率的な勉強法でも、継続しなければ意味がありません。かくいう私も受験勉強を継続してすることにはかなり苦労させられました。ですが、受験勉強を楽しみに変えながら、なんとか継続することはできたと思うので、今回はその経験を記事にまとめて見たいと思います。

受験勉強を楽しむために、まずはスケジュールを立てよう

受験勉強をする上で重要なのが、受験を楽しむことです。

では、受験を楽しむためになぜスケジュールを立てることが重要なのか。答えは簡単です。それは、

休みということを明確にするためです。

スケジュールを立てずに勉強すると、いつ休めば良いのか、いつ勉強するのかがはっきりとしません。そのため、ダラダラと勉強を続けたり、勉強しなかったりと、メリハリのついた生活が送れなくります。また、勉強時間が明確に定まっていないため、いつ勉強が終わるのかがわかりません。いつ終わるかわからない勉強をひたすら続けるのは誰だって嫌ですよね笑 だからこそ、スケジュールをしっかりと立てるのです。

ですがそれは、勉強時間をはっきりさせるというよりかは、休憩時間をはっきりさせるためにするのです。

休みあってこその勉強だということを意識してみてください。

達成感を味わえる仕組みを創出する!!

楽しめることの醍醐味というのは、やはり達成感を味わえるというものではないでしょうか。スポーツにしても、ベストを更新した時には達成感があって嬉しいものですよね。勉強も同じで達成感が味わえればそれまでの何倍も楽しいと思えるようになるはずです。

では、達成感を味わうにはどうすれば良いのか。一つには成績を伸ばすということです。成績が伸びれば前のスポーツの例と同様に達成感が得られますよね。

ですが成績を伸ばすことはそんなに簡単ではないし、その前に挫折してしまっては元も子もありません。

ではもっと簡単な方法はないのか、、、、

それがなんとあるのです!! 

今回はそれについて少し紹介したいと思います。

達成感を味わうための簡単な方法

達成感を味わえる勉強の工夫とは次の二つです。

  • 決められた勉強時間きっちり勉強する
  • 参考書などを一冊完成させる

どうですか?拍子抜けしましたか?これは実際に私が色々な工夫をした結果最後

まで生き残った勉強を楽しむコツなのです。では具体的に一つ一つ見ていきまし

ょう。

決められた時間きっちり勉強する

決められた時間きっちりと勉強する。

言われてみれば当たり前ですが、それができるだけでかなりの達成感が得られると思います。

ですがそんなことできれば継続に苦労しないという人もいるかもしれません。

私は決められた時間勉強しろと言っているだけで、何も10時間20時間勉強しろと言っているわけではないのです。

毎日1時間でもいいし、30分でも構いません。毎日決められた時間勉強してみてください。そしてその時間勉強できた自分を誇りに思ってください。そうすれば勉強が楽しくなります。楽しくなれば継続まではあと少しです。

参考書などを一冊完成させる

これも勉強する上で重要なのですが、一冊の参考書を全てやり切らずに他の参考書に手を出す人は多いのではないでしょうか。私もそうでした。この参考書をやっていて本当に成績が上がるのか、とか考えながら不安になって、結局最後までやり切らずに他の参考書に手を出していました。しかし、これは勉強の上でもよろしくありません。

参考書は一冊完成させましょう。

そして完成した参考書はどこかに飾ってみましょう。自分が勉強した勲章にするのです。大げさですかね笑

また、参考書を完成させることにより、その本に書かれていた技術が全て自分のものになります。参考書を完成させる方法はまた今度書いて行こうと思うので、とにかく自分なりに一冊仕上げてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回もざっくりとした記事になってしまいましたが、私が重要だと思っていたものをピックアップしたつもりです。

それぞれを行動に移すにあたっては別にやる気を出す必要はありません。それは前回の記事をご覧になればわかるのですが、やる気を出そうとしても効果はありません。

やる気よりもまずは行動です。行動することによって世界は変わります。

継続することが困難な受験勉強ですが、1000人の中で受験勉強に真面目に取り組もうと行動する人は100人ほどです。そしてその100人の中の1人だけが継続することができます。

つまり、受験勉強を継続できた時点で1000分の1人の優秀な受験生になることができるのです。

そんなことを考えながらニヤニヤして勉強していた私(笑)もこうして志望校に合格したので、皆さんも是非今回紹介した方法を使って受験勉強を楽しんでみてください。応援しています。